「世界一のGKになることを目指す」JFAナショナルGKキャンプ

  • JFA

【JFATV】 2523 回視聴

9月24日(金)より福島県のJヴィレッジでスタートしていた、今年度初めてのナショナルGKキャンプが3日間の活動を終えました。

このキャンプは、育成におけるポジション別指導・強化というテーマのもと、将来の日本代表GK、世界基準のGKの育成を目的とし、年に3回実施を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で今回が今年度初めての実施となりました。
トレーニングは、U-13、U-14それぞれカテゴリーごとに分かれて行い、基本的に選手3~4人に対して、GKコーチが1名つき個別性を重視した体制で行われました。

トレーニングは、常にゲームの場面を想定しながら、「ゲーム内の状況で必要なGKとしてのテクニック」を身につけ実行することを目的に実施されました。選手たちは、コーチたちの指導を真剣にききながらトレーニングに取り組んでくれました。
さらにアンダーカテゴリーの日本代表チームでコンディショニングコーチを務める小粥 智浩氏も帯同し、フィジカル測定、ムーブメントプレパレーションの指導なども実施し、選手たちもフィジカルの重要性を認識していました。

カテゴリー別ミーティングでは、このキャンプで取り組んだ自分たちのトレーニング映像から自分自身のプレーを見て、何が課題なのか、正しいテクニックを習得するためにはどうしたら良いのか、ひとつひとつ振り返りました。選手からも、もっと自身の映像がみたいというリクエストがあるなど、非常に積極的に学ぶ姿勢を見せてくれました。
そして最終日、トレーニングの最後に行ったゲームでは、攻守におけるゴールキーパーの役割を意識しながら、このキャンプで学んだテクニックを発揮してくれました。

キャンプの締めくくりとなるクロージングでは、選手は、参加したすべてのスタッフから、それぞれの専門分野からのコメントや、GKプロジェクト プロジェクトリーダーの川俣則幸コーチから熱いメッセージが送られました。今回それぞれがキャンプの中で気付いたストロングは更に伸ばし、課題に関しては克服に取り組むことが宿題として投げかけられました。また、キャンプへの参加者として、自分が得たモノを、自チーム、そしてチームメイトに還元してほしいと伝えられ、モチベーションも高く、所属先のチームに戻っていきました。
また、オランダに在住のフランス・フック(Frans Hoek)氏は、新型コロナウイルスによる渡航規制のため、来日はかないませんでしたが、ビデオメッセージ、そしてコーチ陣への事前のアドバイスなどで本キャンプのサポートを頂きました。

関連記事

  1. 【ハイライト】U-21日本代表vsU-21中国代表|日中韓サッカーU-…

  2. EAST 7/10(延期分)ダイジェスト | 高円宮杯 JFA U-1…

  3. 【LIVE】SAMURAI BLUE アジア最終予選(Road to …

  4. 【ハイライト】第101回天皇杯 大分トリニータvs.ホンダロックSC|…

  5. 【Team Cam】2021.10.19 来年のアジアカップ兼ワールド…

  6. 【Team Cam】2021.04.04-05 パラグアイ戦、パナマ戦…

  7. 【ハイライト】U-23日本代表vsU-23ニュージーランド代表|キ…

  8. 【ハイライト】第101回天皇杯 サガン鳥栖vs.ロアッソ熊本|2回戦

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。